FX

SBI FXトレードのメリット・デメリット、比較、評判まとめ

SBI FXトレードのメリット・デメリット、評判まとめ

 

今回は下記の記事で取り上げたSBI FXトレードを掘り下げていこうと思います。

私が実際に使っている、オススメのFX会社

(ちなみにFX会社は10社以上使ってみた上での結論なので確度ある情報と思ってもらえるかと)

理由は下記の記事を見てもらえると理解してもらえると思います。

 

SBI FXトレードの特徴

 

メリット

1.1通貨から投資が可能!

最大のメリットは、少額での取引が可能だということです。

多くのFX会社は1万通貨、少なくても1,000通貨が最小取引数量です。
ところがSBI FXトレードは1通貨から取引が可能です。
ドル円なら約4円から取引が始められることになります。

2.業界で最もスプレッドが狭い

またSBI FX トレードのもう一つの大きなメリットが業界で最もスプレッドが狭いことです。
多くの会社は大体0.3から0.4銭程度です。
ところがSBI FX トレードなら1万通貨までならスプレッドが0.27銭での取引が可能です。

少し余談にはなりますが
実はFX業者に詳しく話を機会がありましたのでその裏事情も交えながらお話したいと思います。

実は0.27銭というスプレッドは、FX会社が収益を挙げることができるボーダーラインとのことでした。

FX会社の側からみると
カバー先でもドル円のスプレッドが0.3銭より広いケースは往々にしてあります。
そうなると、0.27銭で顧客にレートを提供して商売として成り立たせるのは、なかり厳しい状況です。

ただ、多くの企業がFX業界へ参入してきており、顧客シェアを獲得しなければ生き残れません。そういうこともありFX会社同士でスプレッドの下げ合いをしているのが現状とのことでした。

3.安心の即時信託保全

2017年12月11日(月)から、業界初、より安心・安全な即時信託保全サービスを開始しました。
これは、顧客が入金した資金が即時に信託保全されるサービスです。

ちなみに即時信託保全とは?

従来、FX会社が顧客から預かった資金を信託保全する方法は、
『①顧客がFX会社に入金する。②FX会社が信託銀行等に信託する。』という資金の流れになっています。
そのため、顧客から預かった資金が信託保全されるまでに数日かかる場合がありました。

しかし、SBI FX トレードが開始した即時信託保全サービスでは、顧客の資金が即時に信託保全されます。

これによって、より安心して取引ができるというわけです。

デメリット

1.100万通貨以上取引する場合にはスプレッドが大きい

メリットのところで述べたドル円のスプレッドは、
10万1通貨から100万通貨までの間は原則固定制で0.29銭となります。
そして100万通貨より大きい場合は変動制となり広がっていきます。

ですので上級者が取引するのにはあまり向かないFX業者と言えます。

ただ、100万通貨というと必要証拠金が400万円以上ということになりますので、初心者、中級者の方が取引する場合にはここまでの金額を取引しないはずです。
ですのでこのデメリットはあまり考える必要はないと言えます。

 

まとめ

デメリットと言えば100万通貨以上の取引をする際にスプレッドが広がるということぐらいで、初心者、中級者の方がやる場合にはデメリットにはなり得ないでしょう。

そして1通貨からFXができる、業界で最もスプレッドが狭いというメリットを考えると初心者が最初に始めるにはもってこいのFX業者と言えます。

登録は下記のSBI FXトレード 公式ページから

公式ページ

 

FX会社の比較記事はこちら

私が実際に使っている、オススメのFX会社
【2019年】私が実際に使っている、オススメのFX会社 収入を増やすにはFXが取り組みやすいというお話をしました。 https://business-total-dictionary.c...

 

ブログランキングに参加しています!

記事を読んで、もし良かったと感じたら、
ポチッとクリックして応援して下さいm(_ _)m

大変喜びます!

ブログ村の方も併せてクリックしてもらえると
とても嬉しいです!!

 

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
プロフィール
ビジマイ

国立大学卒業→大手企業で勤務→その後、1年間、原因不明の病で寝たきり→一念発起して起業。#ブロガー / 趣味は旅行と食べ歩き/自分が試行錯誤する中から習得した、収入を増やす副業、支出を減らす節約方法や考え方を発信していきます。

テキストのコピーはできません。